箱_立体
タイトル陰陽遣い
対象人数2~4人
予想プレイ時間30分~45分
対象年齢10歳以上
入手方法2017年3月の神戸ゲームマーケットにて【 1,500 】にて頒布予定 →★完売しました!再版未定。

ゲームのテーマ
陰陽師を派し、式神をって、妖怪退治を成し遂げろ!~
時は平安、京の街では夜な夜な妖怪が現れ民を困らせているという。
どこに現れるかはダイスの出目次第。
京の町並みを模したマップ上にうまく陰陽師を配置し、いち早く妖怪退治を成し遂げましょう。

ゲームの内容
~カタン、街コロに似た拡大再生産ゲーム
2~12までの数字1つが書かれた屋敷カード12枚を、3×4にランダムに並べてマップを作成し、自分の駒を屋敷と屋敷の間に配置します。
手番ごとにダイス2個を振り、出目の数字の屋敷に自分の駒を配置していれば収入を得ます。
またコストを支払い能力カードを購入すれば、収入を増やしたり出目を操作することができるようになります。
またマップに結界を張ってうまく発動すれば、収入を2倍3倍と増やすことができます。
それを繰り返し、一番最初に目標金額に到達した人が勝利です。

ゲームの特徴
★「屋敷の配置」×「能力カードの効果」×「結界の配置」 全てを考えながら戦略を練るのが楽しい! 
★プレイのたびにマップが変化するので何度でも楽しめる!
★切り札カードで、一発逆転も可能。最後まで緊張感あり!
★1回ダイスを振るごとに盛り上がること間違いなし!

ゲーム風景(イメージ)
DSC_0903

※2017年神戸ゲムマ向けサークルカット → こちら
※コンポーネント→ こちら 
※どんなゲーム? → こちら
※説明書→ こちら
※FAQ → こちら